就職試験を受ける高校生たちへ

 いよいよ就職試験が9月16日からスタートしました。面接試験であなたの家族のことや住んでいる所、血液型など、あなたの努力ではどうしようもないことや、宗教や尊敬する人など、あなたの思想信条に関わることなどを聞かれたら、あなたはどうしますか?


 きっと、ドキドキすると思いますが、学校での人権学習や面接練習を思い出して、「学校の指導によりお答えできません」と勇気を出して答えてほしいと思います。なぜなら、この取り組みは受験生を差別から守る取り組みであるとともに、差別をなくし、すべての人たちの人権を大切にするための取り組みであるからです。そのために、この取り組みは国の厚生労働省や文部科学省、その他多くの人たちの後押しのもと、日本中の高校で取り組まれているもので、あなたが受験する企業にもこの取り組みを進める社会的責任があるからです。あなたを支えてくれる人はあなたの周りにたくさんいます。そして、あなたが声を上げなければ、面接官自身も間違った質問をしてしまったことに気付かないかもしれないからです。
 全国の高校生や仲間と連帯して、ともに頑張りましょう。